メンタルが弱い原因や特徴の克服方 | 強くなりたい男性女性に見てほしい

人前で話す時や人と会話をする時にひどく緊張するのはなぜか?

目安時間:約 4分

人前で話すと緊張してしまう・・・という人はよくいますよね。

全く緊張しない人の方が少ないので、問題ないのですが、
緊張からいつもの自分が出せずに失敗してしまったり、
緊張していることで他の人に誤解を与えてしまったりすると、
とても悲しい気持ちになります。

では、どうして人と話す時には緊張するのでしょうか?
ここでは、どうして人前で話したり人と会話をする時には緊張してしまうのか?
ということを調べてみましょう。

体の防御反応

人前で話したり会話の中で緊張するのは、
体の防御反応だと言われています。

例えば、何かの虫を捕まえようとする時に、体がリラックスモードでは、
捕まえたい獲物は逃げてしまいますよね。
そのため、自然と体に緊張が走り筋肉が固くなりやすいです。

一方、疲れて休憩をしている時には体の緊張はほぐれています。

つまり、相手がいるかいないか、テンションが高いか低いかで緊張の強さは変わるのです。

頭の回転を早めている

人と話す時に緊張するのは、頭の回転を速めて自分の力を発揮させようとしているのです。
相手に「良く思われたい」「君の会話にはちゃんとついていけているよ」ということを、
ちゃんと伝えたいという人がなりやすいです。

また、自分の感情を伝えたい時にはリラックスしていては気持ちもなかなか伝わりませんよね。
そのため、自然と緊張気味に話してしまい、相手に理解を求めているということもあるのです。

これらのことには自律神経が深く関係しており、
自分の持っている力を存分に発揮したいと強く思ってしまうことから起こります。

緊張するな!と思い込んでいる

よく人前で緊張したり会話をしている時に緊張する人は、
この緊張をどうにかしたいと思っているものです。

そういう人は、会話が始まる前から「緊張しないように!」と頭の中で考えていることが多いです。

しかし、緊張するなと思えば思う程、
体は緊張を意識してしまうので、結果として逆効果になってしまうのです。

つまり、緊張という感情を抑えようとすればするほど、
緊張がわき上がってきてしまうということ。

これは、緊張を取る方法に「人」という字を書いて飲み込むと緊張がほぐれるということを信じて行うと、逆にもっと緊張してしまうのと同じ原理です。

まとめ

人前で緊張したり会話の中で緊張してしまう人は、
体が勝手に防御反応をしていたり、
頭の回転を早めようとしていたりすることが原因としてありました。

また、このように毎回緊張してしまう人は、
会話をする時には頭の中で「緊張しないように」と常に思っているので、
ますます緊張から離れられないという悪循環に陥りやすいのでした。

この記事に関連する記事一覧

Copyright (C) 2020 メンタルが弱い原因や特徴の克服方 | 強くなりたい男性女性に見てほしい  All Rights Reserved
サイト内の記事、写真など、すべてのコンテンツの無断複写・転載等を固く禁じます。