メンタルが弱い原因や特徴の克服方 | 強くなりたい男性女性に見てほしい

心配性の人を安心させるには?どう接する?

目安時間:約 5分

心配性な人と話していると、「○○なんだけど・・・・心配」「○○のことが心配」と、
「心配」という言葉をよく使います。

そんな言葉を聞く度に、
「いやいや、そこまで心配してくれなくても大丈夫だから!」
と言いたくなりそうですが、

ストレートに言うと、心配性の人にはきつすぎるような気がして
どうやって話したらいいのか分からないということってありますよね。

では、そんな心配性な人を安心させるにはどうしたらいいのでしょうか?

まずは気持ちに寄り添ってみる

心配性の人に頭ごなしに「そんなに心配しなくてもいいって!」
と言った所で、その場はそれで収るかもしれませんが、
そのうちまたフツフツと心配な気持ちがわき上がってきます。

そうなると心配性の人は、その心配事が終わって結果を聞くまでずっと心配し続けます。

でも、そんなこと心身共に疲れますよね・・・。

心配性な人を安心させるには、まずは心配性な人の心配な気持ちに寄り添って、
「確かにそれは心配かもしれないね」というように言ってあげましょう。

気持ちに寄り添ってくれる人がいると、心配性の人は、
「この人なら私の心配を分かってくれる!」
と思い、心配している詳細のことや核心部分を述べ出します。

すると、洗いざらい言うことが出来た後の心配性の人は、
気持ちが分かり合えたことで少し落ち着くのです。

どうしたらいいのか?と一緒に考えてみる

では、心配性の人の心配事が分かったら、次にその心配事について
どうしたらいいのかということをこちらから相談してみましょう。

心配性の人の特徴としては、
心配をしているだけで解決策を見いだそうとはしない人がよくいます。

つまり、ずっと心配したままだということ。

しかしこれでは絶対に心配な気持ちは解消されませんよね。

そこで、改善策を二人で考えてみるのです。

改善策を話す時には、自分の過去の実体験を加えながら話すと、
心配性の人は、実際に解決した例があるという事実が分かるので、
「それなら大丈夫かも!」と前向きに思うことが出来ますよ!

「大丈夫」という言葉

最後に、心配性な人に「○○なら大丈夫」「信じてあげよう」
というような前向きな言葉を伝えましょう。

前向きな言葉は人の心も前向きにさせます。

特に、「大丈夫」という魔法の言葉には、人を安心させる効果が高いのです。
大丈夫という言葉を使っていると、その言葉に包まれて守られている感覚になります。

そして、大丈夫という言葉を常に使っていると、未来が明るく開けてくるのです。

心配性の人は、なかなか思い切って大丈夫と思うことが出来ません。
そのため、まずは他の人から大丈夫という言葉を使ってあげましょう。

しかし、初めから大丈夫という言葉を使っても、
心配性の人には「何を根拠に大丈夫なのか?」と言われてしまいますので、

大丈夫という言葉を使う時には、上記の流れに沿って、まずは気持ちに寄り添い、
改善策を考えた上で大丈夫という言葉を使ってあげましょう。

まとめ

心配性な人には、頭ごなしに「大丈夫だから心配するな」
と言った所で心配は治らないということが分かりました。

では、どうしたら心配症な人を落ち着かせて安心させることが出来るのかと言うと、
出来るだけまずは心配性な人の気持ちに寄り添い、改善策を考えてアドバイスをし、
気持ちを少しでも前向きにした上で、
「大丈夫」という言葉を最後に使ってあげるようにしましょう。

Copyright (C) 2020 メンタルが弱い原因や特徴の克服方 | 強くなりたい男性女性に見てほしい  All Rights Reserved
サイト内の記事、写真など、すべてのコンテンツの無断複写・転載等を固く禁じます。