メンタルが弱い原因や特徴の克服方 | 強くなりたい男性女性に見てほしい

メンタルの弱い男は看護師に向かないのか?逆に向く性格は?

目安時間:約 4分

精神的に弱い人は、看護師には向いていないのでしょうか?

看護師と言えば、人の命を助けることが仕事ですので、
もしもメンタルの弱い人が看護師になることは向かないのであれば、
方向転換も考えたほうがいいかもしれませんよね。

では、看護師に向いている人は?
看護師とメンタルの関係を見ながらご説明いたします。

看護師に向いている人は、「判断力に自信のある人」

ずばり、看護師に向いている人とは、とっさの判断が出来る人です。
つまり、自分の行動や言動にしっかりと責任が取れて自信を持っている人が看護師には向いています。

看護師は、人の命を預かるお仕事なので、
ちゃんとした判断に自信を持って望まないと、
様々な病気の対応はしていられませんよね。

病状が悪化してしまっている患者を前に
「こんな処置だと思うけれども・・・もしも状態が悪化したらどうしよう・・・」
などと迷っていては患者は命を落としかねません。

看護師に向いていない人は「反省をせずに前進しない人」

では、看護師に向いていない人はどんな人かと言いますと、
「反省をせずに前進することが出来ない人」が挙げられます。

メンタルの強い人でも弱い人でも、どんな人でも仕事の上で失敗はつきものです。
しかし、失敗して落ち込んでしまった時に、それを改善して前へ進むことが出来ない人は、
同じ失敗を繰り替えすことになります。

看護師という仕事は、失敗が1つ間違うと命に繋がる危険性がありますので、
失敗をきちんと克服していく強さが必要なのです。

メンタルの弱い人は看護師に向いていない?

最後に、メンタルの弱い人は看護師には向いていないのかというと、
そんなことはありません。

看護師の仕事というのは、確かに人の命を救うことが仕事ですが、
患者の気持ちに寄り添って心のケアをすることも大切な仕事です。
そんな、患者の気持ちに寄り添うことが出来る人はメンタルが弱い人は得意だとされています。

また、メンタルの弱い人でも看護師としての仕事で場数を踏んでいくと、
その仕事に慣れてくるということもあります。

つまり、看護師という仕事に一番大切なことは、「看護師になって患者を救いたい」という強い心なのです。
メンタルの強い人でも弱い人でも。この気持ちがしっかりと備わっていれば、
看護師には向いているとされるのです。

まとめ

看護師という仕事に一番大切なことは、「患者を救いたい」という気持ちでした。

メンタルが弱い人は、看護師に向いていないのでは?と考える人もいますが、
メンタルの弱い人の方が患者の気持ちに添うことが上手いと言われていたり、
場数を踏めば段々仕事に慣れてくるということがあるので、
一概に看護師の仕事が向いていない訳ではありません。

Copyright (C) 2020 メンタルが弱い原因や特徴の克服方 | 強くなりたい男性女性に見てほしい  All Rights Reserved
サイト内の記事、写真など、すべてのコンテンツの無断複写・転載等を固く禁じます。