メンタルが弱い原因や特徴の克服方 | 強くなりたい男性女性に見てほしい

病的な劣等感を払拭するにはどうすればいいのか?

目安時間:約 4分

病的な劣等感を払拭するにはどうすればいいのか?

試合で負けた時など、他の友達はいっつか前向きに次の試合に向けて気持ちが動いているのに、
自分だけいつまでくよくよと思ってしまう、成績で友達よりも劣っていると、
強い劣等感を感じてしまうという人は、そんな自分を何とかしたいと思いますよね。

もう少し心を軽く持つことで、自分も生きやすくなりたいと願うためには、
どのような方法で劣等感を克服していったらよいのでしょうか?

ここでは、そんな劣等感を克服する方法をご紹介いたします。

劣等感の原因を探らない

劣等感を持っている人は、「どうして自分はこんなにも劣等感が強いのだろう」と、
劣等感の強い根本原因を探ろうとするクセがあります。

しかし、「どうして?」と考えて見た所で、そこから先の解決策を見いだすことは難しいです。

そんな時には、「どうして」という原因をさぐるのではなく、
「どうやってその劣等感という問題を解決するか」ということを考えるようにしましょう。

社会に出るとこのような考えを持つことがとても重要になります。
「どうして」と考えているよりも「どうやって」と前向きに問題に取り組んでみましょう。

自分の欠点を認める

劣等感が強い人は、自分を守るために攻撃的になったり、自慢する傾向が強かったり、
時には不幸感をアピールして自分に感心を向けようとするのですが、
これは自分の劣等感から目を反らしている証拠です。

では、どうやって目を反らさずに劣等感を見つめるのかと言いますと、
「完璧な人間はいない」ということを強く理解することが大切です。

つまり、自分の欠点も認めてあげることをしないと、
劣等感から克服することは出来ないということです。

あなたは成長したいと思っている自分は好きですか?

もしも「こんなに欠点ばかりが目立ってしまう自分は好きではない」
と考えているだけでは、劣等感から抜け出すことはできません。

欠点を克服しようと頑張っている自分も受け止め、好きでいることが大切なのです。

人の為に動く

そもそも劣等感という感情は、誰かと自分を比べることによって起こる感情です。

今の世の中は競争したり比べたりすることが多いので、劣等感を多かれ少なかれ持ってしまうことは仕方ないことかもしれませんが、「貢献する」という作業には競争や比較というものがついてまわりません。

では、貢献するとどのような感情が芽生えるのかと言いますと、人から感謝されることによって、自分は大切にされているのだという感情を満たすことが出来ます。

すると、この世の中から認められている、必要とされていると思うことができるので、劣等感も生まれなくなります。

病的な劣等感を払拭するにはどうすればいいのか?まとめ

劣等感から克服する方法は、まずは劣等感の原因を探らないということでした。

また、完全な人間はいないということを深く理解した上で、自分の欠点も認めることも大切でした。

最後に、人の為に何か「貢献する」という作業は、自分が大切にされているという感情を満たすことが出来るので、劣等感を克服する方法としてとても良い方法だということが分かりました。

劣等感を全てなくすことは難しいですが、あまりにも劣等感を持ちすぎることによって、体調を崩してしまっては意味がありません。そのためにも、自分の感情を上手くコントロールし、劣等感が生まれてもすそれをバネに出来る強い心を持ちたいですね。

この記事に関連する記事一覧

Copyright (C) 2020 メンタルが弱い原因や特徴の克服方 | 強くなりたい男性女性に見てほしい  All Rights Reserved
サイト内の記事、写真など、すべてのコンテンツの無断複写・転載等を固く禁じます。