メンタルが弱い原因や特徴の克服方 | 強くなりたい男性女性に見てほしい

アスペルガー症候群の原因は親からの遺伝なのか?

目安時間:約 5分

対人関係において強いこだわりを持っていることが特徴のアスペルガー症候群。

子供の頃にそのような症状が見られると、親と一緒にクリニックを受診することも多いですが、
そんな時によく聞かれるのが「これは遺伝なのでしょうか?」ということです。

アスペルガー症候群は遺伝するのでしょうか?
また遺伝するとしたらどのくらい影響してくるのでしょうか?

ここでは、アスペルガー症候群の遺伝について詳しく見ていきたいと思います。


遺伝的要因と環境的要因

アスペルガー症候群については、遺伝的な要因と環境的な要因が合わさることで、
発症する確率が高くなっているという研究結果があります。

しかし、遺伝については100%遺伝が関係するわけでもなく、
原因となる遺伝子が何かということもまだ分かっていませんので、
未解決のことがまだ沢山あります。

つまり、遺伝だけではアスペルガー症候群を全員が発症しないということ。

では、他に考えられる要因として挙げられているのが、
環境的な要因なのです。

自分の育ってきた家庭環境や周辺の環境などが関係することで、
脳の働きに偏りをもたせ、発症するのでは?と考えられています。

アスペルガー症候群の検査方法

子供がアスペルガー症候群だということが分かるのは、
どのような検査をすれば分かるのでしょうか?

実は、アスペルガー症候群については確かに遺伝的な要因のある病気なのですが、
生まれる前の出生前検査や羊水検査では、アスペルガー症候群になっているのかどうかは、
確認することが出来ません。

また、血液検査でも分かることはありませんので、
生まれてすぐの判断はつかないといってもよいです。

では、どのように検査するのかと言いますと、子供が成長していく段階で、
親が何か他の子供と少し特徴的だと強く思うことが出てきたり、
成長に疑問を持った時に医療機関を受診することで、
アスペルガー症候群が分かるということがほとんどです。

医療機関を受診すると、今までの行動や問診、心理検査などをした上で診断を下します。

アスペルガー症候群は研究途中の疾病

アスペルガー症候群については、明確な原因がつかめていないだけではなく、
治療法についても根本的な原因を完治させることが出来る治療薬がありません。

今の段階では、まだ分からないことが多い病気ですが、
研究は日々進んできていますので、近い将来原因が解明するかもしれません。

また、アスペルガー症候群は早めに治療すれば様々な支援を受けることが出来ます。

大人になってからアスペルガー症候群が分かってからでも
十分社会生活を無理なくこなすまでのレベルに持っていくことも可能になっています。

そのため、「自分は他の人と違うから・・・」と落ち込まずに、
早めに医療クリニックや専門機関を受診することをおすすめします。

自分の生活がより生活しやすくなる手段になるはずです。

アスペルガー症候群の原因は親からの遺伝なのか?まとめ

アスペルガー症候群については、遺伝的な要因があるということが分かりましたが、
これだけでは発症しない場合もあることが分かりました。

そこで考えられるもう一つの要因が環境的な要因でしたが、
このどちらもまだ未解決な部分が沢山あり、
また治療法も根本的な完治を目指す薬がないことから、
まだまだ解決していない病気とされていました。

しかし、完治が難しくても医療クリニックや専門機関で早めに治療を開始することで、
自分の生活がより生活しやすくなることも十分可能ですので、
必ず病院を受診することをおすすめします。

この記事に関連する記事一覧

Copyright (C) 2020 メンタルが弱い原因や特徴の克服方 | 強くなりたい男性女性に見てほしい  All Rights Reserved
サイト内の記事、写真など、すべてのコンテンツの無断複写・転載等を固く禁じます。